TOP > 新商品・キャンペーン > “遺伝子美容”の今に迫る

“遺伝子美容”の今に迫る

肌の未来を変える!?“遺伝子美容”の今に迫る

本当に美しく、若々しくなった現代の日本女性。何歳になっても輝き、おしゃれも人生もめいっぱい楽しんでいる方が多くいらっしゃいます。一方、女性の平均寿命はついに87.26歳※にまで到達したといいます。それは「いかに若くいられるか」ということに何十年も支配され続けるということでもあり、女性の皆さんは「この肌を、髪を、若さをずっと保てるのだろうか」、と潜在的な不安と常に背中合わせであるとも言えます。「美しさの寿命をいかにして引き伸ばすことができるのか」女性にとって永遠のテーマであるこの命題に対し、現在注目されているのが、肌における遺伝子のはたらきに着目した美容、“遺伝子美容”です。※(平成29年厚労省 簡易生命表より)

年齢を重ねるたび、気づいてしまうエイジングサイン
					原因には、「遺伝子」が関わっているのです

日やけしていないのにシミは増え、くすみも目立つのは何故?

フェイスラインのたるみ、頬のゆるみ、シワなどどうにかしたい!

「人生100年時代」という言葉を、このごろ頻繁に耳にする。今まで「人生80年」だったのに、なぜ一気に20年も延びたのか?これは医療の進歩はもちろん、食生活などの“長生きする正しい情報”が揃ってきたことが大きいが、そもそも生き物の寿命を延ばす大切な要素は「知恵」。だから知恵をもつ人間は、際立って寿命が長いのだとも言われる。美しさの寿命も同じ。衰えは“逃れられない宿命”ではあるけれど、「知恵」によって若さ・美しさの寿命もまだまだ延びると考えていい。命の寿命が突然20年も延長されたように。そういう意味で、最も大切な「知恵」が“遺伝子”にまつわることなのだ。スキンケア界には以前から、“遺伝子美容”という言葉はあったものの、一体何をするものなのか、理解できなかった人は多いはず。それも当然のこと、肌における遺伝子研究も始まったばかりで、どこか漠然としたものだったから。でもここへきて、にわかに具体的になってきた。人間は、100%何の弊害もなければ、生物学的には120年生きるのではないかと言う説がある。でも紫外線やストレスなど、それを阻害するいろんな要因が遺伝子を傷つけて寿命を短くしてしまう。それも含めて宿命なのだ。ところが肌における遺伝子の敵と味方、その仕組みがついに見えてきたのだ。どこに働きかければ、若さの天寿を全うさせられるのかがハッキリわかってきたのである。エイジングケアは、年齢と戦うのではなく、本来は驚くほど長いのかもしれない美しさの寿命を、いかに全うさせるか?ということにかかってきている。人生100年時代、美しさも同じように100年息づかせるための、“真実の遺伝子美容”が、今まさに始まろうとしているのだ。