朝・日中・夜・真夜中と1日の中でも変化する肌状態に合わせてケアを行うのが「時計美容」。
その秘密を、あなたはいくつ知っていますか?
クイズの回答を3択から1つ選んで
チェックボックスをクリック!

Q1

時計遺伝子は、体内時計の役割を果たし、自律神経やホルモンの時間割を決めています。
その時計遺伝子は、ほぼすべての細胞にあると言われていますが、その数とは、いくつぐらいでしょうか?

5万
35億
60兆
A1
正解

正解は、60兆

お昼にお腹がすいたり、夜に眠くなったりするのは、時計遺伝子が時間通りに働いているからなのです。もちろん肌の細胞にも存在し、時計遺伝子がきちんと働けば、睡眠中に肌再生が行われます。
つまり、時計遺伝子と肌リズムに着目したアテニアの「時計美容」スキンケアは、肌が本来持つ「美のリズム」を取り戻す、最先端のスキンケアなのです。

Q2

香り(アロマ)には、時計美容の効果を高めるといわれるものがあります。では、朝のお手入れの効果を高めるために最適な香りとは?

ローズマリー
ラベンダー
オレンジ
A2
正解

正解は、ローズマリー

ローズマリーには、「眠っていた神経を高揚・活性化させ、ひらめきや直感力をアップし、心や体を元気づける効果」があると言われており、フレッシュでさわやかな香りが、1日の始まりにエンジンをかけてくれます。
ちなみに、夜の効果を高めるのに最適な香りは、レッドシダー樹液。ヒノキ科の植物で、森林浴効果・リラックス効果があり、質の高い眠りへと導きます。

Q3

体や肌が「排出モード」になるのは、1日のうち、どの時間?

真夜中
A3
正解

正解は、朝

寝ているうちに溜まった老廃物などを自然に排出するモードとなっている朝は、洗顔で排出を促して、肌の力をしっかり目覚めさせましょう。
同時に朝は、うるおいも蒸散している状態。たっぷりと保湿することを忘れずに。

Q4

“朝は肌の調子がよかったのに、午後3時頃にはどんより…。”
そんな“午後顔”現象を大人女性の97%が感じています!これを防ぎ、夕方まで美肌でいるために必要な成分はどれでしょう?

ビタミンC
ビタミンD
コラーゲン
A4
正解

正解は、ビタミンD

大人の“午後顔”現象を引き起こす原因は、肌の「日中持久力」の低下です。「ビタミンD」は、朝の肌状態を一日中維持するために、いわば燃料のような働きをしています。肌のエネルギーとなり、外的刺激から肌を守り、細胞を元気な状態に保つのです。つまり、“午後顔”現象を引き起こさないためには、朝のケアで「ビタミンD」を細胞内に運び込む成分を補給し、「日中持久力」を高めることが大切です。

Q5

肌再生は寝ている間に行われます。では、その前の「夜のお手入れ」で特に大切なことは?

汚れを落とす
うるおい補給
ダメージ修復
A5
正解

正解は、ダメージ修復

睡眠時に肌再生に集中してもらうためにも、「夜のお手入れ」では、日中受けたダメージを修復することが大切です。加えて、新しい肌を生むための美容成分をたっぷり補給し、肌再生時間に備えましょう。

Q6

美肌を叶えるためにONにすべきスイッチは何スイッチでしょう?

若さを保つ“美魔女スイッチ”
肌再生をスタートさせる“真夜中のスイッチ”
深い眠りに誘う“快眠スイッチ”
A6
正解

正解は、肌再生をスタートさせる“真夜中のスイッチ”

現代女性は、さまざまなダメージに加え、加齢や不規則睡眠により、肌再生力が衰えているため、美肌が生まれにくくなっています。真夜中のスイッチを押すことで、夜の肌再生を確実に起動させましょう。

Q7

スキンケアの効果をより高めるために、使うとよいものはどれでしょう?

スキンケアの前に、「氷」で肌を冷やす
スキンケアの際に、「手の平の体温」で浸透を高める
スキンケアの後に、「アイマスク」をして安眠を助ける
A7
正解

正解は、「手の平の体温」

手の平の体温により、肌と化粧品がなじみやすくなったり、密閉効果で美容成分が肌奥深くまで浸透しやすくなると言われています。また、じっくりと肌をいたわることは脳をも癒やし、日中は外的ストレスから守り、夜は睡眠の質を高める“自律神経のメリハリ”のサポートにもなるのでおすすめです。