アテニアオンラインショップ会員規約

第1条 会員規約

本規約は株式会社アテニア(以下アテニアといいます。)が提供するアテニアオンラインショップ会員サービス(以下、「会員サービス」といいます。)を第4条所定の会員(以下、「会員」といいます。)が利用するにあたって、一切について適用するものです。

第2条 本規約の範囲

1. 本会員規約本文の他に、個別サービス毎に規定される個別規定、アテニアがその都度別途ご案内する追加規定、および今後ご提供する新サービス毎に規定・ご案内する個別規定等も、名目の如何にかかわらず、本会員規約の一部を構成するものとします。   

2. 本会員規約と個別規定または追加規定等が異なる場合には、個別規定または追加規定等の定めが優先して適用されるものとします。

第3条 本規約の変更

1. アテニアは、会員の承諾を得ることなく、アテニアが適当と判断する方法で会員に通知することにより、本規約を変更できるものとします。この場合には、会員サービスの利用条件は、変更後の会員規約によります。

2. 変更後の会員規約は、アテニアが別途定める場合を除いて、アテニアのWebサイト等において表示された時点より、効力を生じるものとします。

第4条 会員

1. 会員とは、アテニアに会員サービスへの入会申込みを行い、アテニアが承諾した者、またはアテニアが別途定める方法により会員資格を授与した者をいいます。

2. 会員は、会員サービスへの入会申し込みを行った時点で、本会員規約の内容を承諾しているものとみなします。

第5条 入会

入会希望者は、本会員規約を承諾していただいた上で、アテニアが別途指定する手続に従って入会を申込み、アテニアが入会を承諾した時点で会員となるものとします。

第6条 変更の届け出

会員は、氏名、住所、電話番号、クレジットカードの番号若しくは有効期限その他アテニアに届け出ている内容に変更が生じた場合には、速やかにアテニアに所定の方法にて変更の届け出をするものとします。

第7条 譲渡等の禁止

会員は、会員として有する権利を第三者に譲渡、売買、名義変更、質権の設定その他の担保に供する等の行為はできないものとします。

第8条 退会

1. 会員が会員サービスを退会する場合には、所定の方法にてアテニアに届け出るものとします。

2. 会員資格は一身専属のものであり、アテニアは当該会員の死亡を知り得た時点を以って、前項の届け出があったものとして取扱います。

第9条 会員資格の取消

1. 会員が以下の各号の一に該当する場合、アテニアは、事前に通知することなく、直ちに当該会員の会員資格を取消すことができるものとします。
(1)第13条および第14条の規定に反する行為を行った場合
(2)会員ID又はパスワードを不正に使用し、または使用させた場合
(3)アテニアへの申告、届出内容に虚偽があった場合
(4)決済手段として当該会員が届け出たクレジットカードが、クレジット会社による利用契約の解除その他の理由により、利用が認められなくなった場合
(5)料金等の支払債務の履行遅延または不履行があった場合
(6)電話、FAX、電子メールその他の手段によっても、会員との連絡が取れなくなった場合
(7)その他、本規約に違反した場合
(8)その他、会員として不適切とアテニアが判断した場合

2. アテニアが前項の措置をとったことで、当該会員がサービスを利用できなくなり、これにより当該会員または第三者に損害が発生したとしても、アテニアは一切の責任を負いません。

第10条 設備等

会員は、会員サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウエア、その他これに付随して必要となる全ての機器の準備および回線利用契約の締結、インターネット接続サービスへの加入、その他必要な準備を、自己の費用と責任において行なうものとします。

第11条 サービスの利用

1. 会員は、本規約および個別サービス毎の個別規定、その他アテニアが随時通知する内容に従い、会員サービスを利用するものとします。

2. 会員は、自己のIDによりサービスを利用してなされた一切の行為およびその結果について、責任を負うものとし、アテニアに何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第12条 IDおよびパスワードの管理責任

1. 会員は、会員登録手続後にアテニアが会員に付与する、IDおよびパスワードの管理と、その使用に関して一切の責任を負うものとします。

2. 会員は、IDおよびパスワードを第三者に使用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買、質入等をしてはならないものとします。

3. 会員は、IDおよびパスワードの失念があった場合は、アテニアの所定の手続きに従うものとします。

4. 会員は、IDおよびパスワードの盗難があった場合、またはIDおよびパスワードが第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにアテニアにその旨連絡するとともに、アテニアからの指示がある場合はこれに従うものとします。

第13条 著作権等

1. 会員は、権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、会員サービスを通じて提供される著作物等を著作権法で定める会員個人の私的使用の範囲外の目的で使用することはできません。

2. 別段の定めのない限り、会員サービスのオンライン上での各コンテンツに関する著作権その他知的財産権は、アテニアあるいは各コンテンツの提供者に帰属するものとし、また、各コンテンツの集合体としての会員サービスの著作権その他知的財産権は、アテニアに帰属するものとします。

3. 会員は、会員サービスを利用することにより得られる一切の情報を、アテニアまたは当該情報の権利者の事前承諾なしに会員自らの利用以外の目的で複製し、その他これを出版し、放送するなどその方法の如何を問わず第三者の利用に供しないものとします。

第14条 営業活動の禁止

会員は、会員サービスを使用して営業活動、営利を目的とした利用およびその準備を目的とした利用をすることはできません。

第15条 サービスの変更、廃止

1. アテニアは会員への事前通知、承諾なしにアテニアオンラインショップの内容の一部または全部の変更、追加および廃止を行うことができるものとします。

2. このような事態に伴い、会員に不利益、損害が発生したとしても、アテニアは一切の責任を負わないものとします。

第16条 サービスの中断、停止

1. アテニアは、アテニアオンラインショップの稼動状態を良好に保つために、会員への事前通知、承諾なしにアテニアオンラインショップを中断、停止して保守点検を行うことができるものとします。

2. このような事態に伴い、会員に不利益、損害が発生したとしても、アテニアは一切の責任を負わないものとします。

第17条 個人情報管理

1. アテニアは、会員の個人情報(以下、「個人情報」といいます。)を別途Webサイト上に掲示する「プライバシーポリシー」に基づき、適切に取扱うものとします。

2. アテニアは、会員に登録いただいた個人情報を、会員サービスの提供と個人認証以外の目的のために利用しないものとします。但し、以下の場合はこの限りではありません。
(1)アテニアまたはアテニアの業務提携先等のお知らせの電子メールその他の情報の送付をしたり、個人別のホームページに情報を表示する等の場合
(2)その他、会員に対してアテニアおよび業務提携先等がアフターサービスなど個別のサービスを提供するために使用する場合
(3)個人情報を統計的に集計・分析し、個人を識別、特定できない形態に加工した統計データを作成する場合
(4)会員及び公衆の生命、健康、財産などの重大な利益を保護するために必要な場合
(5)法令の規定による場合
(6)その他会員の同意を得た場合

第18条 権利の帰属

アテニアがアテニアオンラインショップを通じて提供するサービス上で、会員が掲示した 内容により知的所有権が発生する場合、当該権利はすべてアテニアに帰属するものとしま す(著作権・意匠権・特許権・実用新案権・商標権・ノウハウが含まれるがこれに限定さ れない)。また、アテニアオンラインショップを通じて行われる募集に対して、応募した 会員の作品、コンテンツについても同様とします。 公序良俗に反する画像や文章の投稿はかたくお断りいたします。応募される写真は応募者 本人が撮影し、被写体の承諾を得たもの、および応募者本人を被写体としたもののみとさ せていただきます。掲載した画像の著作権並びに被写体の持つ諸権利(特に肖像権)につ きましてはアテニアは一切の責任を負いかねます。また、投稿いただいた文章や画像は、 編集部の判断により再編集して掲載する場合があります。 なお、アテニアオンラインショップの情報が、出版物として発行されうることもあります のであらかじめご了承ください。但し、プライバシーの観点からお名前や住所など、個人 情報に関してはメンバーのご承諾なしに公開することはありません。

第19条 免責事項

1. アテニアは、アテニアが提供するデータや他社が提供するデータ等について、その完全性、正確性、有用性および特定の目的への整合性等に関し、一切の責任を負わないものとします。

2. アテニアは、アテニアオンラインショップの遅滞、変更、中断、停止もしくは廃止などにより発生した、会員の損害に関し、一切の責任を負わないものとします。

第20条 準拠法

本契約の成立、効力、履行および解釈に関しては、日本国法が適用されるものとします。

第21条 管轄裁判所

1. 会員サービスに関連して会員とアテニアの間で問題が生じた場合には、会員とアテニアで、誠意をもって協議しこれを解決するものとします。

2. 前項の規定にもかかわらず、協議しても解決しない場合は、横浜地方裁判所を専属管轄裁判所とします。

付則 この規約は2001年11月20日から実施します。
改訂 2003年10月22日